「射水いじめ防止プロジェクトチーム」が明橋大二医師の呼びかけで設立

平成24年7月28日、明橋大二医師が設立を呼びかけた「射水いじめ防止プロジェクトチーム」が発足しました。
スクールカウンセラーや元教員、弁護士などの専門家11人で構成。いじめを減少させ、子どもの幸せと健やかな成長を図るため、いじめ防止や対応のプログラムを開発し、学校への指導や助言などを行うことを目的としています。
翌日の29日、チームの発足が、北日本新聞、富山新聞、北陸中日新聞の各紙で取り上げられました。
カテゴリー: メディア紹介   パーマリンク