「AERA dot.」に明橋医師のコメントが掲載されました

「AERA dot.」のオリジナル記事「『怒鳴り声が苦手』で不登校に 32歳女性が今も抱える“5人に1人が苦しむ癖”」に、明橋先生のコメントが掲載されました。
高校1年生の時に不登校になったAさんは、昨年、インターネットでHSP(Highly Sensitive Person)の記事を発見し、掃除機や電話の音、救急車のサイレン音が苦手で、「何より『怒鳴り声』がホントに苦手」という自分は、「まさにこれだ!」と思ったそうです。
記事の中では、明橋先生の翻訳された『ひといちばい敏感な子』が3年前に出版されてから、「HSC(Highly Sensitive Child)=ひといちばい敏感な子ども」が話題になったことについても触れられています。
前述のAさんは、いわば「大人のHSC」だと解説。 後半は、今日、初めて自分がHSPだと知った、という人への明橋先生のメッセージが紹介されています。 https://dot.asahi.com/dot/2018053000086.html
カテゴリー: インターネット, メディア紹介, 近況ピックアップ   パーマリンク