『子どもたちの夢と幸せをつくる「絆」~福井県のある小学校校長が語ったこと』(文芸社)の帯に推薦文

『子どもたちの夢と幸せをつくる「絆」~福井県のある小学校校長が語ったこと』(文芸社)の帯に、明橋大二医師の推薦文が掲載されました。 この本は、元小学校校長の赤星昇さんが、朝礼やPTA総会などで、児童や保護者に向けて話をされた内容がまとめられた講話集です。 赤星さんの校長室には本棚があり、いろんな児童がその本を目当てにやってきたそうです。子どもたちに「一番よく読まれているのが『子育てハッピーアドバイス』シリーズの10冊ほどの本です」。そんなエピソードもありました。 時には明橋医師の言葉をとおして、自己肯定感の大切さをお話しになることもあったようです。
カテゴリー: お知らせ, 近況ピックアップ   パーマリンク