『時間と学費をムダにしない大学選び 2009年度版』に子育てハッピーアドバイスシリーズが紹介されました。

『時間と学費をムダにしない大学選び 2009年度版』(光文社)に、「子育てハッピーアドバイス」シリーズが紹介されました。「教師・教育」の触れておきたい業界参考図書に掲載されています。

『子育てハッピーアドバイス』シリーズほか

『子育てハッピーアドバイス』(明橋大二・太田知子、1万年堂出版)はマンガ・イラストと文章を混ぜた本であり、厳密にはマンガではないが、読みやすいのでこちらに入れた。対象読者はタイトルにあるとおり、子育て中の親、特に母親をターゲットにしている。1~3巻、10代編、父親編、エッセンス集の合計6冊でシリーズ累計発行部数が200万部を超えているベストセラーである。なぜ、子育て本である同シリーズをお勧めするか、それは教員志望者へのヒントがこのシリーズには多数盛り込まれているからだ。
例えば、あなたが教員だったとしよう。あることで生徒を叱らなければならなくなった。でも、ただ叱るのでは萎縮してしまうかもしれない。そこで別のことでほめることも混ぜて叱ろうとした。そのとき、「ほめる→叱る→ほめる」と「叱る→ほめる→叱る」。このどちらが効果があるだろうか。答えは前者。単にほめる回数が多い、というだけではない。叱られると生徒もわかっているときに叱って、その後にほめても、意味がない。それどころか萎縮した心が反発へとつながる可能性もある。同書の著者は精神科医として数多くの学校や子育ての現場を見てきた。その経験を元に同書は構成されている。もし全部を読む気がしないという人はせめて10代編である『10代からの子育てハッピーアドバイス』だけでも読んでほしい。 いじめ問題について、そのサインはもちろんのこと、いじめられた側へのケアについても言及している。いじめた生徒を厳罰に処しても、その家族を厳しく指導しても意味がない。ではどうすればいいのか、このことを同書はきちんと説明している。(以下略)
カテゴリー: , 近況ピックアップ   パーマリンク