中日新聞より「子どもの権利条例 高岡にて講演」

中日新聞サイトに明橋大二医師の講演会の様子が掲載されています。 →中日新聞:子どもの権利条例 「全市町村に必要」 高岡で講演会:富山 このイベントは、11月14日、15日に開催される子どもの権利条約フォーラム2009 in とやまのプレイベントとして、10月17日に高岡エクールで開催されたものです。
chunichi-takaoka-akehashi
(略)市民約三十人が参加。射水市の「子どもの権利支援センター・ぱれっと」の明橋大二理事長(50)が、子どもの権利条約について解説。同権利条約ネットワーク副代表の山梨学院大法科大学院の荒牧重人教授(54)が「子どもにやさしいまちづくりと条例」の題で講演した。 (中略)子どもの権利条約は一九八九年、世界の子どもたちの健やかな育成を願って制定された国際条約。日本は九四年に批准。県内では射水、魚津両市が子どもの権利条例を定めている。同フォーラムは、県内の各種市民団体が子どもの権利条約の国連採択二十周年を記念して開く。
カテゴリー: 講演会, 近況ピックアップ   パーマリンク