信濃毎日新聞に、NPO法人「子どもの権利支援センター ぱれっと」の活動が紹介されました

「子どもの権利支援センター ぱれっと」は、明橋大二医師が理事長を務める、NPO法人です。 子どもの権利と健やかな成長を応援する、ぱれっとの活動が、「『見守り』NPOに委託」と題して、信濃毎日新聞に紹介されました。 ぱれっとは、家庭復帰支援に関わる業務の一部を、児童相談所から受託して行っています。虐待が疑われた子どもなどのうち、特に心配ないと判断された場合の見守りや、子どもが親元で暮らせるよう支援するため、親の悩みなどを聞くカウンセリングを行っていますが、児童相談所の業務を民間のNPOが受託することは全国的にも珍しいということで紹介されました。 (平成24年4月13日発行)
カテゴリー: お知らせ, メディア紹介, 新聞, 近況ピックアップ   パーマリンク