読売新聞にHSCについて、明橋医師のインタビュー記事が掲載

5月14日の読売新聞朝刊に、明橋大二医師のコメントが掲載されました。
「生まれつき刺激に敏感な子」(HSC)とはどんな子なのか、取材記事の中で、明橋医師は、HSCは否定の言葉を強く受け止めやすい、HSCの特徴からくる「服がチクチクする」「変な臭いがする」「怖い」といった訴えを、否定せずに受け止めることが大切、と答えられています。
また、不登校になった子をたくさん診てこられた経験から、「学校がつらい場合は、フリースクールやホームスクーリングという手もある。多様な学びがあっていい」と呼びかけられました。
カテゴリー: メディア紹介, 新聞, 近況ピックアップ   パーマリンク