"NPO法人ぱれっと"による「電子掲示板の安全な運営をアドバイス」が毎日新聞で紹介されました

毎日新聞のサイトに、NPO法人ばれっとが作成した冊子「電子掲示板書き込みの手引き」の記事が掲載されています。 → 電子掲示板:安全な運営をアドバイス 射水のNPO、書き込みの手引き作成 (毎日jp)

電子掲示板:安全な運営をアドバイス 射水のNPO、書き込みの手引き作成 /富山

◇有効に使って
インターネットの掲示板を使って教育相談を続けているNPO「子どもの権利支援センターぱれっと」(射水市、明橋大二理事長)は、安全な掲示板運営のアドバイスをまとめた冊子「電子掲示板書き込みの手引き」を作成した。同NPOは「今後、掲示板での相談の需要は高まると思う。より有効な相談に役立ててほしい」としている。 ネット掲示板を巡っては、子どもらが中傷を書き込み、いじめの温床になったり、特定の書き込みを集中的に攻撃し、問題になるケースも増えている。 しかし、誰でも匿名でやりとりできる掲示板は、子どもにとって相談しやすかったり、お互い助け合えるなどメリットも多い。利点をより広く知ってもらうのが冊子の狙い。
続きは毎日.jp の記事をお読みください。
カテゴリー: メディア紹介, 新聞, 近況ピックアップ   パーマリンク